×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

デニムジャケットの着こなし

デニムジャケットを着こなそうとする時は、トップスとボトムの色合いには気をつける必要が特にあるでしょう。デニムジャケットはシルエットがタイトなので、なかなか色が悪いとやけに目立ってしまうのです(>▽<)

デニムジャケットは色の濃さや明るさなどのポイントはボトムとは必ず変えるようにしなければこのようなことが起こりかねません。ジーンズやチノパンなど生地の違いによるだけでもデニムジャケットの着こなしはバリエーションが生まれるのでよく考えましょう♪

メンズのデニムジャケットならば

メンズでデニムジャケットといえば、ナンバーナインのデニムジャケットですよね。おすすめは国旗のワッペンが入ったワンポイントのデニムジャケットです。

色は白で黒のジーンズとあわすことによってメンズのよさが引き出されることでしょう。他にはチノパンなんかでもバリエーションを使えると思います。ナンバーナインの白のデニムジャケットは黒糸も織り込んであってつくりが凝っていますので、飽きて着なくなってしまうという心配はまるで無いので安心できます。それと、メンズでデニムジャケットを着こなす男性はベルトはしっかりと強調することをおすすめします!白のデニムジャケットとベルトでも目立たせることによって周りからかなりおしゃれと思われていい感じで対応してもらえると思います^^

メンズのデニムジャケットの靴とのトータルコーディネートを考えるならば、レザーのスニーカーが一番ですね。スニーカーの色はベルトと合わせることが鉄則なので忘れ名ようにしましょう♪

古着のデニムジャケットは注目です

古着のデニムジャケットを着こなしている方を見ているとかなりおしゃれだなあと思います。なぜなら、古着のデニムジャケットはワッペンなどに凝っていたりしてオリジナルなデザインがされている可能性が高いからです。もちろん、値段的にも古着のデニムジャケットならば、新品で買うよりかなり安く買うことができます。私の場合は胸にミリタリーのワッペンがついている古着のデニムジャケットをよく拝見することができ、一着は秋のコーディネートにうまくつかっています・∀・

デニムジャケットの古着のワッペンはミシンでかなり精巧につけられているものもありますし、手縫い程度のワッペンもありさまざまなので、そこがまた古着のデニムジャケット独特の特徴といえるでしょう。古着のデニムジャケットでワッペンのよさに気づいたならば、他のロンTやナイロンなんかにもアレンジして重ね着することでさらにコーディネートが広がって来ますから、挑戦してみると良いでしょう。